ご案内

平成2912月末

会員各位

日本母乳哺育学会の新評議員候補者届出について

 日本母乳哺育学会は4年ごとに役員の改選・補充等を行っております。現在19名の評議員がいます。次年度からの新評議員候補届出を開始したいと思います。評議員に関する届出の様式等の詳細を掲載します。尚、選出に関しては細則第17条を参考にしてください。
 但し、評議員の定数を増やすため「最近3年間の学術集会に2回以上の参加をしていること」を今回の選出では除くことに決まりました。

従って被選出者の資格は、
1)3年以上の本学会会員であること。
2)最近3年間に学術集会あるいは機関誌に発表あるいは論文があること(共同でも可)
3)様式に従い、氏名・住所・生年月日・所属・履歴・社会活動・抱負・業績を記載し、理事1名以上からの署名、押印がある推薦状を添付すること。

届出の形式等は、1〜3をクリックして下さい。

1.新理事候補届出様式1                   Word     pdf

2.新理事候補届出様式2                   Word     pdf 

3.新理事候補届出様式推薦書                Word     pdf 


届け出の締め切りは平成
30331とします。

日本母乳哺育学会宛てに書面でお送りください。到着の確認をメールでお送りします。
その後の予定としては、新役員推挙委員会で審査され、理事会・評議員会で承認を得て、会員総会で報告します。
 尚、新評議員としての任期は平成30915日からとなります。

日本母乳哺育学会 理事長 板橋 家頭夫

問い合わせ

日本母乳哺育学会事務局

142-8666  東京都品川区旗の台1丁目58

昭和大学医学部小児科学教室内

Tel/Fax  03-3782-5767 bonyuuhoiku-gakkai@umin.ac.jp

もどる